京つう

  日記/くらし/一般  |  左京区

新規登録ログインヘルプ



上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。

Posted by 京つう運営事務局  at    │  


岡崎神社の東の並びに輸入雑貨「グランピエ」がある。

かつて私も家内もここで働き出会った思い出の場所。

グランピエ商会は、スペインに留学した岡田社長が銀閣寺「白沙山荘 橋本関雪記念館」内
イタリアンの「ノアノア」の地下で創業した。

東京青山のショールームと東天王町にショールームが出来てその上に事務所も。

無国籍料理「カプリチョース」は、この会社が北大路の東のドンつきの地下に開いた
京都のエスニックの草分け
周囲にタイ料理「デポサワディー」やメキシコ料理「ベラクレス」なんかも出来て、北白川を新しい風の町に
「カムリチョース セグンド(2番目)」が岡崎にOPEN

私は、2店舗の責任者として、岡崎で、雑貨の隣店にいた家内と出会った。
哲学の道で、休憩時間スケッチしている家内の横で団子食べてた

「鹿々谷山荘」「忘我」宇治の「ちょうちょ」「ROCO」「丁子屋」と展開する一方で
三条1筋上がった「セサモ」「プエルタ」「カプリチョース麺粥」が出来たが、今は山田さんの「セサモ」が残っているだけ

「プエルタ」「丁子屋」にもいた平山君が西の京で「すみや」。グランピエにいた大槻カズが「いやいやえん」
大槻ハルが「スピークイージー烏丸店」。中原さんが「丁子屋」。

京都に来た人間は、京都のどこかで働いている。
私は、またお会いしましょう。の感じ。

「333」が一度閉まって、充電期間の西浜さん。
またどこかで何かやってくれるだろう。

店内年内半額セール。
エスニックの好きな方は、チャンス
とにかく足を運んでください。

ちなみに帰りに
岡崎神社の西側の信号を南に下がると「生ショコラ」があります。
カナダ人の奥様シェリーさんの素敵な本も売ってます。


Posted by こやまあきゆき  at 23:02   │  comments:(0)  │   京都の雑貨・買い物