京つう

  日記/くらし/一般  |  左京区

新規登録ログインヘルプ



上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。

Posted by 京つう運営事務局  at    │  


8月で、京都のビヤガーデンは、皆終わってしまった。
でもまだ暑い。
そんなあなたに、京阪ホテルのビヤガーデンは、超おすすめ。
バイキングのメニューが豊富で、食べて飲んで子供さんでも楽しめる。
おまけに安い。もうしばらく続けるそうなので、超お得メニューでおなかいっぱい楽しもう!
京都駅八条口出て東へ。


Posted by こやまあきゆき  at 23:36   │  comments:(0)  │   食の都京都


2007年08月26日

京都のライブスポット

京都には、こんなところで?ライブやってるお店がいっぱいあります。
有名なライブハウスと違って、「法然院」に代表されるように(梶田住職は同級生です。)
スペイン「セサモ」や「いやいやえん」。西陣「サラサ」。「しげさん」のお店。・・・
身近なところに様々な音楽空間があるのはやっぱり楽しみですね!
9月4日は「いやいやえん」へ。

しばらく夏休みでの~びりすごしました。その間自分で料理したので外食は、ほとんどなし。
休みの前日に家族で宝ケ池の「どん」でステーキ食べたぐらい。
これもまた良し。でした。その日の昼は娘と「さらさ」でした。
京都の今年のビヤガーデンはどこも超満員で、私が休んでいた間の「キエフ」も朝だけ手伝いに行くホテル「フジタ」も超満員。
人気の「新都」も大人気だそう。
お天気にたとえば¥3500でおなかもいっぱい。ビール飲み放題は、この夏最高です。


Posted by こやまあきゆき  at 22:48   │  comments:(0)  │   食の都京都


待ちに待った 白髭 裕氏の京都を舞台にした小説「子猫を助けたワンコ」が、出版された。
全国に本格的に販売されるのは、9月15日からだそうで、京都で一部先行販売が始まった。
文芸社からで¥1400プラス税。

なぜこの本を紹介するかというと、以前「鴨川ホルモ」を紹介しているが、この小説もストーリーが京都を舞台に奇想天外なお話。
話は、台風がめずらしく直撃した京都で、報道クルーが取材に悪戦苦闘の場面から始まるが、その画像に、子猫を助けているワンコの画面が偶然移っていた事が判明。あっという間に1章を読みきってしまう実にすばやく楽しい展開。ところが、その後の真実を求めて話は、室町時代に移る。すごい知識がないと書けない展開。さて真実は・・・


Posted by こやまあきゆき  at 15:07   │  comments:(0)  │   京都


三条の京都文化博物館で始まった「ナスカ展」。
あの地上絵が、10mの巨大スクリーンで、バーチャルで見られます。
他にも、ナスカ文化のミイラをはじめ、謎に包まれた文明を、様々な文物で見られます。


Posted by こやまあきゆき  at 14:56   │  comments:(0)  │   芸術の都京都


スキューバーて、お金もかかり、時間もかかり、私のようなお金も時間もない人間には無理と思っていましたが、「バラクーダ」の掲示板には、2時間コースとか、日帰りプランとか、いろいろ私でも参加できそうなプランがいっぱい。
とにかく、すばらしいご夫妻?勝手にそう思ってるが、が、親切にアドバイスしてくださいます。
西友向かいにまず、タヒチのビール飲むか、ハワイアンなアイス食べに行くか、奄美大島の鶏飯食べに行くか。してみてロコモコ食べてみて。


Posted by こやまあきゆき  at 23:44   │  comments:(0)  │   娯楽の都京都


今日は、北白川・銀閣寺散策・三条からローヌ前を通り大丸前経由で、山科から六地蔵。ラッキナンバーの7号線で宇治へ、更に外環状線一周して伏見の旧市電コース。更に「京セラ本社」の前から西へ、更に西京極一帯を散策し、佐井通りを北上。最後は西大路・北大路経由で高野で東大路を下がって帰宅。
で、宇治では、「源氏物語ミュージアム」で、都人の気分に浸る。
宇治市が、町お上げて源氏物語で地域振興を図っておられるが、宇治の橋から市役所周辺などかなりバイクでうろうろしたが、宇治は活気ありまっせ!残念ながら道が複雑に入り組んでいるが、7号などもかなり広くなっていた。周辺に大型店ができたせいか旧商店街は、やや寂しい感じもあるが、宇治の商店街は皆立派なお店が多いし、京都のように本業を続けながら特色ある新空間にすれば更に魅力倍増間違いなし。車が多すぎるのがきになったが、ミュージアム周辺は、散歩用に整備されている。宇治川周辺。天ヶ瀬ダム周辺から炭山までの3大散策コースと植物園も活気があった。
来年、瀬戸内館長どんな構想で楽しませてくれはるでしょうか?楽しみ。久保さんの「禅定寺」までいけなかったのが残念。


Posted by こやまあきゆき  at 21:04   │  comments:(0)  │   京都散策


実は、今日は下の娘と「マンガミュージアム」の『コロコロ…』の企画展を見に行ったのですが、休館日。ショックを受けている娘(中1)をなだめながら「新風館」2階の雑貨のお店に入ったとたん、2人とも買い物に夢中。この店は、北山にもありますが、周りにマニアックで面白い本がいっぱいあって、マニアックな音楽が流れていて(CDも売り)。雑貨がまた面白い。私は、紺色のウエスタン風のハットとジーンズに和柄のベルト。聴診器(昼間健康診断受けたので)。アシツボマッサージボード。指を拡げるお風呂グッズ。を買ったのですが、やっぱり親子ですね。娘も本と日記帳など5冊。そしてなんと持ち手のおじーさんキャラがかわいいと一人背中のツボ押し棒。困ったことにこの後「アニメイト」など、寺町・新京極・河原町・先斗町などをブラブラ「ハーゲンダッツ」も食べに入ったのですが、その背中のツボ押し棒を離さないので、帰りのタクシーの中で、さすがに取り上げました。天井突き破る勢いだったので。しかし、すっかり「コロコロショック」から立ち直ってました。もちろん日を改めていきますが。


Posted by こやまあきゆき  at 23:34   │  comments:(0)  │   京都の雑貨・買い物