京つう

  日記/くらし/一般  |  左京区

新規登録ログインヘルプ



上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。

Posted by 京つう運営事務局  at    │  


京都の町を育ててきたのは、旦那と呼ばれる粋な男たちだ。

そんなダンディーな男の歴史は、北野・西陣に集中している。

・平安京を作る前、秦氏聖徳太子縁のお寺の跡が北野廃寺
・平安京を作る中心が船岡山(山頂には織田信長が祭られている)大将軍八神社
・菅原道真公の北野天満宮は、伊達男が集った大茶会や連歌・歌舞伎発祥の地
・源氏・平家・藤原氏縁の史跡も散在している。
・豊臣秀吉の聚楽第も東側に
・京都で最初の花街が上七軒 西陣の旦那衆は京都のパトロン的存在

6月末から、「北野ダンディー」は、新しい北野・西陣エリアのテーマになる。

北野・西陣を着物姿で散策し、いっぱい飲んでみては?

写真展・音楽・なつかしの京都ダンディー・これからの京都男の遊び場つくり・女性目線からのダンディー

またまた古くて新しい京都の顔が生まれる

小山晶之は6月3日読売テレビ夜10時半出演 実家も写ります。


Posted by こやまあきゆき  at 20:35   │  comments:(0)  │   京都の雑貨・買い物


新入生諸君、百万遍西側に大量の中古自転車が集められて、販売されているのを見ました。折りたたみが3000円代。買おうにも、自分が折りたたみに乗っていた。ちなみに、昨日も自転車だったが、無意識にヘルメットかぶっていた。バイクのつもりだったが、時間もあるので、自転車に替えたため。  


Posted by こやまあきゆき  at 15:34   │  comments:(0)  │   京都の雑貨・買い物


岡崎神社の東の並びに輸入雑貨「グランピエ」がある。

かつて私も家内もここで働き出会った思い出の場所。

グランピエ商会は、スペインに留学した岡田社長が銀閣寺「白沙山荘 橋本関雪記念館」内
イタリアンの「ノアノア」の地下で創業した。

東京青山のショールームと東天王町にショールームが出来てその上に事務所も。

無国籍料理「カプリチョース」は、この会社が北大路の東のドンつきの地下に開いた
京都のエスニックの草分け
周囲にタイ料理「デポサワディー」やメキシコ料理「ベラクレス」なんかも出来て、北白川を新しい風の町に
「カムリチョース セグンド(2番目)」が岡崎にOPEN

私は、2店舗の責任者として、岡崎で、雑貨の隣店にいた家内と出会った。
哲学の道で、休憩時間スケッチしている家内の横で団子食べてた

「鹿々谷山荘」「忘我」宇治の「ちょうちょ」「ROCO」「丁子屋」と展開する一方で
三条1筋上がった「セサモ」「プエルタ」「カプリチョース麺粥」が出来たが、今は山田さんの「セサモ」が残っているだけ

「プエルタ」「丁子屋」にもいた平山君が西の京で「すみや」。グランピエにいた大槻カズが「いやいやえん」
大槻ハルが「スピークイージー烏丸店」。中原さんが「丁子屋」。

京都に来た人間は、京都のどこかで働いている。
私は、またお会いしましょう。の感じ。

「333」が一度閉まって、充電期間の西浜さん。
またどこかで何かやってくれるだろう。

店内年内半額セール。
エスニックの好きな方は、チャンス
とにかく足を運んでください。

ちなみに帰りに
岡崎神社の西側の信号を南に下がると「生ショコラ」があります。
カナダ人の奥様シェリーさんの素敵な本も売ってます。


Posted by こやまあきゆき  at 23:02   │  comments:(0)  │   京都の雑貨・買い物


歴史のあったアンティークのお店「丁子屋」を、輸入雑貨の「グランピエ」の創設者の岡田社長が受け継いで以来、岡田作の陶芸作品もすばらしく。実に人気のお店になっていた。しかしその二条のお店はビルのされることになり、「丁子屋」が姿を消していた。「鹿々谷山荘」などの名店を開いてきた社長。

やってくれました。「グランピエ」の二条店の向かいのやや北に「グランピエ丁子屋」がOPEN。

月曜定休日ですが、実に素敵なお店です。新しい岡田ワールドに是非行きましょう!
075-213-1081 中原さんは、どっちにいるの?


Posted by こやまあきゆき  at 23:14   │  comments:(0)  │   京都の雑貨・買い物


八坂神社向かいをやや南に下がった「かに屋」さんのすぐ南側にあるお店。

かわいいものが世界中から集められた
マトリョーシカ・・・。
15ケ国位は、回られた。

偶然、「キエフ」に来てくれたこのお店のスタッフと話しているうちに、スタッフの一人が「DiDi」スタッフの友人だった。
京都は狭い。

お店には、絵本のあるカフェが併設されている。明日行こうか?


Posted by こやまあきゆき  at 01:33   │  comments:(0)  │   京都の雑貨・買い物


烏丸今出川一筋上がった西側の「バザールカフェ」に出かけた時、「東欧雑貨マトリョーシカ」と書かれたチラシを発見。
場所も寒梅館の北側ということで「パパジョーンズ」のチーズケーキ屋さんの看板を気にしながらも、歩いていくと
マト発見!私は、マトリョーシカをマトと呼ぶ。
店内には、¥580~マトリョーシカが並ぶ。
東欧雑貨店なので、他にもハンガリーとか東欧雑貨が。
まだ1月13日にオープンしたばかり。
売り切れないうちに除いてください。
http://yaplog.jp/matryoshkablog/archive/2

ロシア料理「キエフ」にも新着雑貨入荷しました。ヨロシク!


Posted by こやまあきゆき  at 16:32   │  comments:(1)  │   京都の雑貨・買い物


実は、今日は下の娘と「マンガミュージアム」の『コロコロ…』の企画展を見に行ったのですが、休館日。ショックを受けている娘(中1)をなだめながら「新風館」2階の雑貨のお店に入ったとたん、2人とも買い物に夢中。この店は、北山にもありますが、周りにマニアックで面白い本がいっぱいあって、マニアックな音楽が流れていて(CDも売り)。雑貨がまた面白い。私は、紺色のウエスタン風のハットとジーンズに和柄のベルト。聴診器(昼間健康診断受けたので)。アシツボマッサージボード。指を拡げるお風呂グッズ。を買ったのですが、やっぱり親子ですね。娘も本と日記帳など5冊。そしてなんと持ち手のおじーさんキャラがかわいいと一人背中のツボ押し棒。困ったことにこの後「アニメイト」など、寺町・新京極・河原町・先斗町などをブラブラ「ハーゲンダッツ」も食べに入ったのですが、その背中のツボ押し棒を離さないので、帰りのタクシーの中で、さすがに取り上げました。天井突き破る勢いだったので。しかし、すっかり「コロコロショック」から立ち直ってました。もちろん日を改めていきますが。


Posted by こやまあきゆき  at 23:34   │  comments:(0)  │   京都の雑貨・買い物