京つう

  日記/くらし/一般  |  左京区

新規登録ログインヘルプ



上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。

Posted by 京つう運営事務局  at    │  


ミュージカルスターを目指す若者のストーリーを映画化した
「あした天使になあれ」京都上映会は、6月5日と6日「京都教育文化センター」です。

14時・16時半・19時

大人1300円前売りはローソンで1000円

http://www.ashiten.net/


Posted by こやまあきゆき  at 18:41   │  comments:(0)  │   映画の都京都


今太秦が面白い
映画の都の復活を、今全く新しい形での取り組みが始まった。アニメーションが世界に配信されるなか、ゲームや携帯ともコラボレーション始めた太秦。

まだ始まったばかり。京都国際映画音楽文化ネットワークでも、今後注目していきます。


Posted by こやまあきゆき  at 21:44   │  comments:(0)  │   映画の都京都


平成19年6月9日土曜日午前10時から
鳳徳小学校金管バンド
きずだらけのリンゴ(アニメ)
双子の星(アニメ)

会場丸太町七本松西入る「アスニー4階ホール」 無料

GOGO 土曜塾は、「みやこみらい土曜塾」運営委員会と京都市教育委員会による子供のためのプロジェクトです。
http://www.doyo-juku.com/index.html


Posted by こやまあきゆき  at 23:49   │  comments:(0)  │   映画の都京都


映画好きにも美術館好きにも博物館好きにもミステリー好きにもアクション好きにもホラー好きにも皆に見ていただきたいのがこの映画。この映画で寒さをぶっ飛ばしましょう。梅から桜に中々進まないので、映画館に行きましょう。春休みに家族で楽しめます。



Posted by こやまあきゆき  at 00:40   │  comments:(0)  │   映画の都京都


「イヌゴエ、幸せの肉球」の上映が、今日から「みなみ会館」で始まる。初日上映後、阿部力さんの舞台挨拶が予定されている。事前の特別前売り券が必要だが、京都ではめずらしいこだわりの映画館。昔、上にも「京一会館」なんてのがあって足を運んだもんだ。最近ご無沙汰していたので、ご紹介しておくが、ここは、情報もまめに検索していると、他では見られない映画が楽しめるので要チェック。
http://www.rcsmovie.co.jp/minami/


Posted by こやまあきゆき  at 00:32   │  comments:(0)  │   映画の都京都


2007年02月17日

京都映画センター

昔、学生時代に学校で名画鑑賞会などがあり、文部省推薦映画など教育上価値の高い映画の上映を楽しんだ。価値観が多様化し、一般にシネコンの出現やTVの衛生放送や有線でも常時映画が楽しめる時代。そんな中で、しばしば一般でなかなか上映されない価値のある作品の上映の取り組んでいるのが、竹内さん率いる「京都映画センター」。出張上映会も可能。全国組織だけどこの前は竹内さんが、全国組織の会長か何かをやっていると聞いた。「アイラブピース」の上映に関して、アフガニスタンに持っていけないかと真剣に話し合った。「祇園会館」他いろいろな場所で上映会やってます。
http://www.kyoto-eigacenter.com/


Posted by こやまあきゆき  at 23:39   │  comments:(0)  │   映画の都京都


今日は映画の日なので¥1000なのですが、特に新作満載なので、まだまだ間に合いますので映画館は直行。京都の太秦は、日本のハリウッドと呼ばれたが、私はハリウッド呼ばわりされたくない。もちろんハリウッドの映画にも大好きな映画がいっぱいあるが、やっぱり「KYO UZUMASA」ブランドでがんばってほしい。「京都で制作された映画」もっとみましょう。そのためにも昔「京一会館」なんて私の大好きな映画館があって、再開の時「金環蝕」を見に行った。(最近の記憶やや怪しいが)皆、京都の街で撮影しているもの見るのもおもしろいよ!


Posted by こやまあきゆき  at 16:29   │  comments:(0)  │   映画の都京都


2006年10月06日

「おとしもの」狂想曲

娘と「おとしもの」の映画をみました。上映は7時から、あらかじめ電話で聞くと、16分半広告と予告。
20分には、入り口入場終了。
娘三条河原町まで、家内の車で到着7時12分、先にチケット買ってた私とダッシュ。15分2階8番の階に到着。「本編に間に合ったぜ!」娘「キャラメルポップコーン L・コーラL」・・・お金とポップと荷物だけ先にもって、受付へ、・・・受付嬢、丁寧に説明開始。・・・娘コーラもって到着。「わっかた、始まってるし入る!」・・・本日レディースデイ・・・ほぼ満席。2人の席に他の女性が。・・・2つ中よりの席が空いてたので、そこに陣取る。ちょうどタイトルから始まったとこ。
娘、かなり怖がってた。しかしポップほぼ全部食べてた。映画・・・そういうこと。どうゆうこと?だから・・・終わってから、あ~だこ~だいいながら、映画館売店へ。「おとしもの」だけ関連グッズがない。
「なんでないの?定期券とか」「誰が買うねんそんなん、持って帰りたい?」「いらんけど」・・・あ~だこ~だいいながら、近所のキャラクターグッズの店へ。・・・やっぱり9時でみんな閉店や。
「小学生がこんなとこ歩いていていいんか?」「親と一緒やし」「親が親やし」・・・あ~だこ~だいいながら・・・「お肉でも食べよか?最近野菜ばっかりやし」娘「あかん、お腹にお肉付いてきたし野菜にしてんねん。こんな大きい小学生いいひんやろ!」たしかに160ぐらいになってきてる。でも顔とか痩せてきてるので心配。「太ってないしたまには、お肉食べよう!」娘「コーンたべたし」「ママとお姉いにケーキ買おか」・・・オーパの南のソフトプリンの店で4人分のケーキとプリン8ケ。別に4ケ友人用。・・・「向かいの「31」でアイス食べよ」娘「ケンタッキーがいい」そういえば5年くらい買ってない。。娘「ポテトと8ピースのセット下さい。あとコーンサラダ」?・・・結局家で、まずコーンサラダ食べてる。なんぼコーン食べるねんもう3本、いや5本分食べてるよ。・・・その間ケンタッキー4ケ私が食べて、プリンに・・・
食後に「ミルモデポン」を1巻から読むのを進められ、「ラブ&ベリー」の秋ものカードを見せられ・・・


Posted by こやまあきゆき  at 00:40   │  comments:(0)  │   映画の都京都


小6の娘と松竹のシネコンに「ブレイブストーリー」を見に行った。
キャンディー味のポップコーンとコーラのセットを買ったら、入れ物がすべてパイレーツ・オブ・カリビアンしていた。家内は、ジョニー・デップの大ファンで、近くこちらも見に行く予定。
で、せっかくなので、ポップ&コークの入れ物、受け皿ごと持ったまま、まぬけな親子のごとく。新京極を歩いていた。何か入れる袋ないかな?
発見!おしゃれなバッグ¥2000布製。肩掛け・手持ち、OK!
その時娘が、お姉ちゃんと3人で来た「animate」この辺、あったよね!
ピンポン。吉本ビル2階に、アニメファンがたかっている、アニメのグッズがいっぱいあるお店があるのです。
なんか、またいっぱい買わされました。「お姉ちゃんのも何かお土産買ったげ」というと、お姉ちゃんの好きなキャラのしおりを買っていました。


Posted by こやまあきゆき  at 23:51   │  comments:(0)  │   映画の都京都


初代 島津源蔵さん、元々仏具屋さんて知ってました?
日本電池のGSのマーク、源蔵島津のイニシャルってしってました?
吉忠マネキンやヤマトマネキンなどマネキン最初に作ったのも、島津製作所からって知ってました?
田中さんも偉い、グリセリン間違ったお陰です(記念館に行けばわかる)

陶器屋から、ファインセラッミックができるのわかるけど。
なるほど、仏具屋さんだけに、レントゲンとか、マネキンとか、人体の研究の成果かも。しかし初代も二代目ノーベル賞もんです。京都は、やっぱり底が深いナー~
二条木屋町 大人¥300 中高生¥200 小学生無料・・・今見せといたら、ノーベル賞かも。
しかし親のレベル考えて過剰な期待しない方がいいかも。自分の見聞のために一度どうぞ。


Posted by こやまあきゆき  at 00:12   │  comments:(0)  │   映画の都京都